発色とそのバラエティに富んだ種類の豊富さ



一般的に言われている商品は、1剤・2剤という2種類で構成されています。 大体が1剤の成分は酸化染料・アルカリ剤・2剤の成分は酸化剤になっています。 この1剤と2剤を混ぜ合わせることによって酸化染料が発色するようになっています。 まずアルカリ剤が髪の毛のキューティクルのうろこ状の部分を開いていき、これは髪の色を脱色していきます。 そして過酸化水素・染料が毛髪内部に浸透していき、更に発色します。 そして染料が髪の毛に固定されるのですが、これは色染めとパーマをしてイメチェンしたい!という方もいます。 実際はもしかすると沢山いらっしゃるかと思います。 しかし基本的には、日にちを空けておいたほうが良いかと思います。 これは先ほど述べましたが、ヘアカラーは髪に化学変化を起こして色をつけています。 ですので、これは集計アンケートを今の段階で見ても少しではあります。 これが確実に大きくダメージを受けコンディションにも大きく関係し、影響がかなり審査に出ることになるのです。


パーマをかける



日にちをずらして行う場合は、先にパーマをするようにしましょう。 先に色の方を変えてしまうとをしてしまうと駄目です。 せっかくパーマをあてた時にせっかくお金を掛けて入れた色が、ここですぐに落ちてしまったりします。 どうしても、場所によってはパーマがあたりにくくなったりしてしまうからです。 また市販の商品を使用する場合は、必ずパッチテストを毎回チェックし行うようにしましょう。 ヘアカラーは髪にしっかりと色を定着させて色持ちが良いのです。 結果それによってかぶれを起こしてしまう場合が本当にあります。 これはアレルギー反応を起こしてしまう人がいるということです。 そして自分は大丈夫と思わずに、必ず使用する前にパッチテストを行うようにしましょう。 これらの注意点を守れば、このようなもので手軽にいじれることは、今よりもおしゃれの幅を大きく広げるとっても楽しいものです。 そして適切に使い方・髪のケアをきちんとして自分に合ったおしゃれを存分に思いっきり楽しみましょう。

TOP
泡タイプ
自宅
髪を傷めずに